タバコサイズのチヌ釣り

タバコサイズのチヌ釣り

大きな港の奥まったところのあまり釣れそうな感じのしない場所で、過去に39cmのチヌが釣れたことがあります。

それからは良くその場所に行くようになりました。

秋口には20~30cmのチヌが釣れていました。

行く回数が減ったせいもあるとは思いますが、ここ数年はあまり釣れません。

その場所の背面側の工事があったせいかもしれません。

全くチヌが釣れないわけではありません。

タバコのロングサイズ10cmのチヌが釣れます。

何も釣れないよりは良いのですが、あまりにも小さいです。

同じようにチャリコ(鯛の子)も同じようなサイズですが釣れます。

タバコサイズとチャリコでは引き方が違います。

最近は分かるようになって来ました。

チャリコはまず軽い魚信があり、次は浮きが沈むくらい元気に引きます。

タバコサイズは、まず軽い魚信があり、次は浮きがゆっくり沈むように引きますが、浮きは沈むところまで引きません。かなり微妙に引きます。

ヘラ鮒は釣ったことはありませんがそんな感じじゃないかと思います。

掛かったあとの手ごたえはタバコサイズの方が良いです。

わりと大きいのではないかと思うことがあるくらい引きます。

このタバコサイズは当然、海に逃がします。

回りに人がいないときは、しばらくバケツに入れておくこともあります。

人がいると恥ずかしいのでそのまま逃がします。

大きくなって帰ってくればと思います。