息子たち初体験の魚釣り

息子たち初体験の魚釣り

この前、家族で初めて魚釣りに挑戦しました。

最近、4歳の息子は海の生き物に興味を持ち始め、図鑑を毎日みるほどです。

その姿に影響を受けた2歳の息子も魚の名前を口走るようになりました。

今、興味がある時に経験すると、とても素敵な思い出になるんじゃないかなと思い、釣りに行くことを決めました。

海に落ちないかなーなどの心配もありましたが、経験させてあげたいという気持ちが強かったです。

釣りに行く前日、張り切って用意して早く寝た息子たち。

朝も早朝だったのに、すぐ起き釣りに行く!と元気いっぱいです!

釣りに行く場所に着くまで、車の中でまだー?と待ち遠しい様子でした。

いざ着くと、もうそこでテンションアップ!走り回ったり、竿にセットするのをじっとみたりと興味津々。

初めは、パパが小さいスズメダイをつると、おぉー!の歓声(笑)

バケツにいれてもらうと、触りまくっていました。

ちっちゃーい!かわいい!の連発です。

つぎはチャリコをつり、その次は小さなイワシやアジを釣りました。

どれも小さく、子どもたちの遊び相手になってしまいました。

魚さんとチューするといって魚の口をほっぺにあてたりしていました。

次はパパと一緒に釣りました。

初めての釣りで初めてかかったのがスズメダイでした。

わぁ釣れた!と大喜びでした。

ほんとに笑顔がたくさん見られこっちもとても嬉しくなった釣りでした。