ワタリガニとタコテンヤのどちらを選ぶか、悩む季節

ワタリガニとタコテンヤのどちらを選ぶか、悩む季節

北陸・能登半島の東側ではそれほど大きなアオリイカは釣れません。

それでも9月1週頃から盛んにエギングがおこなわれています。

このエギングを横目にカニ網&タコテンヤの釣り人は、毎年、黙々とタコやワタリガニをゲットしています。

このカニとタコですが、ワタリガニはタコを嫌っているらしく、すなわちタコの大好物がカニらしいので、タコがたくさん獲れる年はカニがほとんど獲れないし、タコが全くいない年はワタリガニがたくさん取れます。

そして、今年は、微妙なのです。

8月前半までは、タコがドドッと獲れていたのに、8月中旬からワタリガニが押し寄せタコは見かけなくなりました。

9月に入りました。ワタリガニもタコも居ないことはないのです。

タコテンヤをすればいいのか、カニ網の投げ釣りをすればいいのか、ものすごく悩みます。

去年は全くワタリガニが取れませんでした。その前の年までは、コンスタントに獲れていました。

タコはこれから大型の群れが接岸してきます。

ワタリガニも毎年の傾向をみていると、10月いっぱいは狙えます。

そろそろ、カニかタコのどちらかに絞って狙わないと、2頭を追う物は云々になってしまいます。

ワタリガニが釣れなくなると釣れませんから、カニ網の投げ釣りをしている人がいなくなります。

この文章を書いていると気が付いたのですが、やはり、今年はカニ網の投げ釣りをしている人が少ない。

ということは、再度、タコテンヤでタコを狙ったほうがいいのかもしれません。

連休は台風なので、沖の底あれを避けて、漁港の中にワタリガニやタコが入ってきます。

タコテンヤで勝負してやろうと決めました。