良いのか悪いのか波止釣りのルーティーン化(縁起担ぎ)

良いのか悪いのか波止釣りのルーティーン化(縁起担ぎ)

私の釣りはほとんど波止釣りです。一応、チヌ(黒鯛)を狙っています。

釣りが趣味と言えるほど詳しくないし、ゴルフ好きの人のように早朝から出かけることもほとんどありません。

気分転換が主です。

とは言え、何も釣れないと寂しい思いをしながら帰って来ます。

そのため一応、いろいろ工夫はしています。

集魚材もその一つです。

元々、撒き餌はオキアミだけでやっていましたが、少し風があると思った場所まで届かないことが多々ありました。

集魚材を混ぜると遠くまでバラケないで飛ばせます。

チヌ用と書いてある集魚材をいろいろ変えてみました。

中には2、3倍に膨らむようなものありました。

金銭的には良さそうな気がします。

ただあまり釣れたことが無いように思います。

たぶん、底まで届かずに海面表層でバラけるからかも知れません。

波止でチヌを狙っているときは、ウキから針までの深さを海底あたりまで深くしているせいかも知れません。

いろいろ集魚材を試してみました。

今は、たまたまかも知れませんが少し大きめのチヌが釣れたときに使っていた遠投用、中層狙いと書いてある集魚材を使うルーティーンになっています。

集魚材と同じように練り、団子の餌も何種類か試して銘柄が決まっています。

その他では棒ウキ、金針、沈めウキも銘柄が決まっています。

良いのか悪いのか分かりませんが、だんだんとルーティーン化されています。