最近の釣りで思うこと

最近の釣りで思うこと

私の釣りは気晴らしが主な目的です。景色の良い漁港などで波止釣りが大半です。

一応、チヌを狙っています。30cmを越えることは滅多にありません。

最近、釣りで思うことがあります。

現在と比べて小さい頃はもっと釣りが楽しかったように思います。

何故なのか考えてみました。

小学生の頃は学校から帰って宿題をしてすぐ近くの川に釣りに行って、日暮れまでやっていたように思います。

とにかく、遊ぶことが最優先で夢中になっていたのだと思います。

今ではフグとかアジが釣れるとがっかりしますが、小さい頃はフグが釣れても楽しかったように思います。

釣れたときの感触が楽しかったのかもしれません。

感触を楽しんでいるので魚種は何でも良く、引きを楽しむので、その回数が多い方が良かったように思います。

中学生の頃は数キロ先の波止まで自電車で釣りに行ってました。

今では考えられません。

今なら自転車で数キロ先まで行くくらいなら釣りには行かないでしょう。

小さい頃は魚種にもサイズにもこだわらず、遠くても平気だったし夢中になれる何かがあったのだと思います。

そんな風に変わったのは釣りだけではないかも知れません。

小さい頃は知らないことも多いし、経験することが楽しみだったのかも知れません。

やっぱり、純粋だったのだろうと思います。

次に釣りに行ったときは魚種、サイズの煩悩を捨てて楽しみたいと思います。