高原を流れる千曲川でヤマメ釣りに挑戦してみる

高原を流れる千曲川でヤマメ釣りに挑戦してみる

長野県を流れる千曲川の上流ではヤマメが釣れます。

ヤマメは警戒心が強いのでどちらかといえば釣りにくい魚といえます。

ヤマメ釣りに適した場所を探すポイントがあります。

1つ目は水深があり川の流れが緩やかなことです。

ヤマメは比較的大きいので隠れるには水深が必要です。

流れの急な所は体力を消耗しやすいので避けて泳ぎます。

2つ目は堤や大きな石で川の流れが遮断されている所です。

川を遡上できないため、流れが遮断されている手前にいることが多いのです。

3つ目は川の流れの中で深く掘り込まれている所です。

掘り込まれて深くなっている所は姿を隠すのに絶好のポイントだからです。

4つ目は木の下です。

木の下は日陰になるので隠れやすいのです。

また、ヤマメは日陰を好む傾向があります。

釣る時間帯としては夏なら朝がよいでしょう。

ヤマメは低い温度を好むため、エサに食いつきやすいからです。

もちろん、日中でも釣れることはあります。

エサの扱い方も重要です。

エサを冷やし過ぎると動きが悪くなります。

釣り始める時間に合わせてクーラーボックスからエサを出しておきましょう。

エサの動きが悪いとヤマメの反応も悪くなります。

生きのいいエサを付けたら、川底まで届くようにしっかり下ろします。

後はヤマメのアタリを感じるまで待つだけです。