川/池/湖などの淡水魚釣り

川/池/湖などの淡水魚釣り

最近では近くにある川で、鯉や鮒を釣りにいく事が主流になっています。

理由は近場であるため時間が掛からずに楽しめる事と、子供と一緒にサイクリングがてらにもなるからです。

健康面にも良くて、尚且つ趣味である釣りも楽しめ、餌代も海釣りに比べ掛からないところから嵌っている訳です。

ですが釣れる魚が殆ど一定であるため、釣りに対しての醍醐味は海釣りに比べ少し欠けているようには感じています。

また釣れる数も少なく、楽しみ方としては、釣る数というよりもその場の雰囲気を楽しむと言った方があっているように思います。

周りを見ていますと、同じように子供連れで来ている方も多く、凄く和やかな雰囲気で楽しんでいる方が多く、私と同じ考えで来られる方が殆どだと感じます。

またその釣り場には大きな鯉が結構生息していて、たまに寝ながら竿先を見ていますと、竿ごと魚に持っていかれる事もあるため、出来るだけ岸から離して置き竿するようにしています。

そのポイントで釣りをしている人は釣った魚は殆ど逃がしていることもあるせいか、似たようなサイズの鯉が釣れることもあります。

釣り独特の楽しさ(引きを味わえる)を味わえるため、そう言った事は釣り人のマナーとして考えなければいけない事だと気付かされます。